ネットビジネスで活用されるランディングページの特徴

ネットビジネスにおいて、ランディングページが活用されることは多いです。ランディングページとは、直訳すると着地するページのことですから、広義では特定のサイトをささず、検索エンジンなど外部から訪れた人が着地するページ全体をさします。しかし、ネットビジネスにおいて用いられるランディングページは狭義の意味で、特定の商品やサービスを売ったり問い合わせをしてもらったりすることを直接の目的としている、特定の一枚の、縦長のホームページを指します。

よく、健康商品や化粧品の通販サイト等でも用いられている縦長のサイトで、普通にインターネットを使っている人であれば誰しも一度は見たことがあるはずです。そこでは、直接の売り上げにつなげるための様々な工夫がなされています。例えば、最初の導入文は重要なきっかけづくりになりますから、その商品を使えばどうなるかという結論を最初に提示するタイプ、悩みなどから話題を振っていくタイプなどがあります。

そして、導入文でうまく閲覧者の心を引き付けることができたとしても、それだけで購入してもらえるほど簡単ではありません。信用してもらって、それを購入すると自分にはメリットがあると思ってもらう必要があります。そこでランディングページでは、証拠となるデータを提示して信頼してもらうようにします。例えば、科学的なデータ、統計的なデータ、利用者アンケートの結果など、実際にその商品が効果があることを信じてもらえるようなデータを示します。

もちろん、これは本当にあることでなくてはなりません。うその表示は各種法令に引っかかる可能性がありますし、コンプライアンス上問題があります、したがって、ここに書かれることは真実であるようにします。もし嘘の記載をした場合、それが嘘だとわかった場合のダメージは大きいので、間違ってもそういった手には出ない方が良いでしょう。

ランディングページは、直接の行動を期待するためにネットビジネスで用いられる手法であるため、直帰されてはいけませんし、決断を先延ばしにさせるのも愚策です。そこで、ランディングページには無駄なリンクが貼られることはありません。合って購入や問い合わせフォームへのリンク暗いです。これは、リンクが張られていると、そこから外部に逃げられてしまい、せっかく購入してもらえそうだった人を取り逃がしてしまう可能性があるからです。無駄なリンクを貼らなければ、そういった行動を誘引しなくなるため、ダイレクトな購入につなげやすくなります。

また、情報全体の量についても、程よく充実していて、かといって読んでいて辛くならない程度の構成にすることがポイントです。直接の購入につなげるためには、最低限購入までに至る情報を提供しなくてはいけません。多くの人は納得をしたうえで商品の購入を行うため、納得できるだけの情報を出さざるを得ません。人によっては、情報を確かめてみようと検索をして調べてみる人がいますが、それは外部に逃げてしまう可能性がありますから、検索をするまでもないぐらいの情報は伝えておくべきことです。

もちろん、だらだらと辞書的な意味を書いているようでは引き付ける物がありませんから読まれません。したがって、メリハリは重要になります。重要なところは厚く、そうでもないところは読み飛ばしても革舞わない程度に薄く書いておくのが良いでしょう。この配分は、文章作成者の技量の見せ所になります。実際に運用されているランディングページを見てみると、この辺のテクニックを参考にすることができます。

ランディングページを一から作るとなると、勉強しなければならないことは多いです。前述のように構成についてもそうですが、ホームページを作るというプログラミングの技術なども必要になります。そうなると、知識がない人にはハードルが高いですから、運用することはできなくなってしまいます。しかし、ランディングページの製作を代行している会社がありますから、それを利用すれば知識や技術がなかったとしても、高品質なランディングページを作ってもらうことができます。高品質なHPと作成実績は連動している傾向にありますから、利用するならば実績のある業者を活用するのがおすすめです。

ランディングページは売り上げにつなげるという目的がありますが、実績のある業者は実際にどの程度の効果があったのかなどをデータとして分析をしているので、適宜サイト作りにフィードバックしています。そのため、実績がないところに比べれば、どこをどうすれば効果が上がるのか、というノウハウを持っているため、選ぶ価値があります。ランディングページはある程度の即効性が重視されますが、それを満たす高品質なものを作ってもらうのは、やはり実績のある所です。実際に業者のホームページでは過去の実績について具体的な企業のホームページを公表していることがありますから、参考にして選んでみてください。