ネットに公開するランディングページはとても重要

インターネット上には様々な広告が用意されています。ポータルサイトに画像広告が見かけられたり、ブログでリンク付きで紹介されていたり、検索結果にテキスト広告が表示されたりといった具合です。これらの広告やリンクをクリックすると、移動したページに商品の宣伝がびっしりと表示されています。この移動先のページこそがランディングページで、ネットを通じて自社の商品を売るためにはとても重要な位置を占める存在です。

健康食品のランディングページもよく見かけられるジャンルです。ドラッグストアなどでも販売されている健康食品ですが、ネット限定品として売り出すことで、見る人に興味を持ってもらいやすくなります。限定品というだけでは購入まで至りませんので、ランディングページの内容を充実させて、見ている人に購入を決断してもらえるよう、誘導するテクニックがポイントになります。このページ自体はネット上にある普通のページと同じで、ただ作るだけであればあまり難しくはありません。しかし、見ている人に商品を購入させるという流れでページを作成しなければならず、少し内容が違うだけでも成約率が大きく上下することも少なくありません。

1枚のページではなく、自社の商品を多数取り扱う公式サイトにリンクさせればよいとも想像できますが、この方法では特定の商品を購入したいユーザーのニーズに合わせることが難しくなります。それよりもターゲットを絞り込み、特定の商品だけをアピールするランディングページに誘導するほうが効果があります。また、サイト内のページを何度も移動する手間がなくなりますし、1枚のページを作るだけですから費用が安く済むなど、お互いにメリットがあるのが魅力的です。取り扱う商品によってページの見せ方には違いがありますが、健康食品のようなものなら、1ページを長めにし、画像や情報をたくさん入れるのが良いとされています。

ランディングページを工夫するのは難しいため、プロに依頼するのがおすすめです。健康食品のHPと相場を見ていくと、10万円~60万円くらいの業者が目立ちます。しかし、50万円以上の相場は比較的高めの水準で、多くの業者が20万円以下の相場に落ち着いています。10万円以下で依頼を受け付ける業者の数もそこそこ多めです。これらはネットの業界の相場で、一般的な大手企業の制作現場の相場だと25万円~35万円くらいが目立ちます。予算と業者の特徴を比較して、依頼先を選ぶようにします。