ランディングページと幅は観覧媒体で変化する

ランディングページを作るにあたって使用する文字や画像の幅が見やすいことは重要です。いくら魅力的な内容でも見づらいならまずランディングページを見ようとする意欲がなくなるからです。ランディングページは利用者がパソコンやスマートフォンなどから訪れるのが主体です。パソコンとスマートフォンでは画面が明らかに違うので同じページを見るとすると見た目が違って見えます。

例えばサイズで作ると横1000px縦550pxであればパソコンであればどの環境でもまともに見ることができます。が、これをスマートフォンで見るとデカすぎて全て見ることができません。見られるとしてもスクロールバーをいじって見ることになります。その反対にスマートフォンでは横320px縦460pxがほとんどのスマートフォン環境で見ることが出来る目安とされます。これをパソコンで見ると幅などが明らかに細くしかも長さがながい全体的にスカスカな仕様になってしまいます。これらは文字数も関係しています。スマートフォンで例を挙げるとフォントサイズを18pxでタイトルを作る場合15から16文字あたりで改行が起こってしまうので見た目が良くありません。よって見出しの文字数は15文字以内に抑えることがポイントです。またどの媒体であっても利用者はネット広告などはパッと見た印象で決まるのことが挙げられます。数値的には3秒程度になります。そこで一目でわかる作りの方が有利です。

今話題のホームページとライティング代行の傾向としては記事作成代行を含む依頼する仕事の内容の凡庸性の高いクラウドソーシングサービスが多い傾向です。もちろん記事作成代行を専門またはメインにしている業者もあるので利用者の状況と代行業者の売りとしている所でどこにするかが適しているかを判断材料にするパターンが比較的安定的とされます。その大半は日本向けのランディングページ代行業者が主体です。しかし海外向けとして翻訳の形式で依頼をする場合は記事作成をメインにしている業者よりクラウドソーシングサービス業者が請け負ってくれることがメリットとして挙げられます。また記事ではなくデザインやイラストや動画編集といったジャンルに特化したところもあるのが侮れない点です。ちなみにクラウドソーシングサイトで発注する仕事の内容の割合は大まかな目安としてデザイン関連が55.1%ウェブデザイン関連が42.2%ウェブ開発関連が28.9%ライティング関連が22.3%作業関連が17.8%サーバー・システム開発関連が10.1%画像・動画加工関連が8.7%の他の仕事は0.8%程度とされています。