ランディングページの基本戦略とノウハウ

ランディングページは、それを見た人を商品、サービスへの購入、問い合わせに誘引することで、直接のアクションを期待しています。主に、リスティング広告がリンク元になっていて、そこから誘導されてきた人をターゲットにしています。リスティング広告は、検索エンジンである特定のキーワードを検索した際に関連する広告が表示されることになるため、それを見に来た人はある程度その商品やサービス等に興味を持っている人になります。つまり、ランディングページは、ある程度興味を持っている人を購入や問い合わせにつなげるために、一押しをするために用いられることが多いです。

すでに興味や関心がある人ならば、その商品やサービスがどのようなものかを知っていますから、最初にそれを取り入れた場合の結果がどうなるのかを示して、それを具体的に掘り下げていくのが基本構成です。ノウハウとしては、見ている人の感覚に訴えかけるように、画像や写真、表などを多用します。もちろん、それだけでは納得してもらうことは難しいため、文章自体もメリハリをつけて読みやすくしつつも、しっかりと信頼を獲得するために根拠やデータの出典などを明示しておくこともノウハウの一つです。重要なことは、アクションを起こしてもらうことであるため、不安は取り除いておく必要があるわけです。

今話題のHPと広告運用を検討しているならば、制作代行会社を活用するのがおすすめです。ランディングページ作成を請け負っている会社であれば、専門的な知識を持っていますから、しっかりと効果の出るランディングページを作ってもらうことができます。プロの場合は、単にそれを専門としていることだけが強みではありません。数多く制作にかかわってきていて、問題があればそれをフィードバックすることを怠っていないので、情報の蓄積とともにランディングページ制作の精度が高まってきます。また、いろいろな業種のランディングページにかかわっていますので、それぞれの業種ごとの特徴も踏まえた制作を期待することができるのも強みです。こういったノウハウや情報の蓄積は、決して短期間で行うことができるものではありません。数多くの試行錯誤を通して生まれていくものです。つまり、ノウハウがないのに急に自前で効果的なランディングページを作ることは事実上不可能です。したがって、短期間で効果を出したいならば、ノウハウや情報の蓄積がある制作会社を利用したほうが良いでしょう。