ネットショップで生かせるランディングページ

ランディングページは、訪れた人に商品やサービスの購入、問い合わせなどをしてもらう目的で作られるページです。広義のランディングページは、特定のページを指さず、商品やサービスについて含まれる、閲覧者が最初に訪れるページを指しますが、webマーケティングにおける狭義のランディングページは、共通する一つのページを指しています。訪れた人に何らかのアクションをしてもらうことを期待するためには、興味を持ってもらう必要があり、そのためにはすべての情報を理解してもらわなければなりません。

一般的なwebサイトは、重層構造になっていて、情報がそれぞれのページに分散しています。検索をして訪れた人が下層ページに着地した場合、前提となる情報を持っていないと、そこに書かれていることを理解できない結果、直帰されてしまいます。ランディングページはそれを避けるために、ページ数を一つに絞り、特定の商品やサービスの購入、問い合わせなどをしてもらうために、そこで情報を伝えきって、興味を持ってもらうようにすることで、直帰されることを回避します。

ランディングページは、特定の商品を売りたいネットショップで活用されることが多いです。例えば、健康食品など、一つの商品を販売するネットショップが活用する傾向にあります。健康食品は、イメージとしては多少のうさん臭さがありますから、そういった感情を取り除いてもらうためには、しっかりと一から情報を伝えて、商品の良いところを理解してもらう必要があります。ランディングページの目的である、情報を伝えきるという特性を生かすことでそれは可能となり、サイトを見た人を商品の購入につなげることを可能とします。

もちろん、購入につなげるためには、単にページを用意するだけではいけません。しっかりと商品の魅力を顧客目線で伝えきる必要があります。それには多少のノウハウが必要です。ホームページ制作を請け負っている会社では、こういった健康食品のHPと執筆を代行してもらえる所があります。専門業者ならではのノウハウが蓄積されていて、どういったサイト構成にすればしっかりと商品の良さを伝えきることができるかを理解していますから、基本を押さえたしっかりとしたサイトを作ってもらうことができます。自社でノウハウを持っていなくても、すぐに結果につながるサイトを作ってもらうことができますので、費用対効果もあります。したがって、確実に売れるサイトを作りたいなら、業者に任せるのも良い選択です。