ランディングページの狙いはHPへの誘導です

最近ではランディングページを活用する顧客獲得が多くなってきています。このページはあくまでも広告専用のページとなり、オリジナルのホームページへ誘導するための一つの手段です。多くの企業はホームページを作っており、その中へ自社商品の紹介や、会社概要などをまとめて掲載しています。その為、いきなりホームページを見に来た顧客はサービスを見つけにくい場合があり、商品までたどり着けないことや、たどり着けても説明が不十分なため、購入に至らないケースもあるのです。こういった顧客を逃さず獲得するために活用される手段の一つがランディングページなのです。

ランディングページを活用するためには獲得したい顧客に狙いを定める必要があります。例えば、どの商品やサービスを顧客へ販売していきたいのか、ということです。顧客を獲得したい商品やサービスのみで作成するページとなる為、その商品やサービスのみに特化して内容をまとめていきます。そうすることで、より商品やサービスの魅力を顧客へ伝えやすくなるのです。その際、10個の商品で顧客を獲得したいと考えるのであれば10個のランディングページ作成する必要があります。1つのランディングページへ10個の商品をまとめて掲載することは効果が無くなってしまい、せっかくのページが意味をなさなくなってしまうからです。その為、本当に顧客を獲得したい商品に狙いを絞り、その商品専用のページとして内容をまとめていくことが必要になります。

現在では無料ホームページ作成ツールなども多く存在しますが、やはり専門の会社へ依頼したほうが、より魅力あるランディングページを作成してもらえます。当然費用は掛かりますし、その上1つのページに対して数万円から十数万円は考えておいた方が良いでしょう。その分、ランディングページの効果を体感できるはずです。自社のホームページへ誘導することで、閲覧数はもちろんですが、商品やサービスへの問い合わせや、購入希望者も増えてきます。その為の先行投資として必要な費用として考えれば問題ないことです。一度作ったページは内容を変更しない限りは追加費用もかかりません。その為、最初の段階でしっかりと内容を魅力ある内容へまとめる必要があるのです。商品の写真やレビューを載せても良いでしょうし、専門サービスの場合はサービスを提供している写真を載せるのも一つの方法です。いかに顧客の立場に立ったランディングページを作るかが重要になるのです。