ランディングページにnoindexを設定する利点について

リスティング広告の基本知識について。
ネット広告の一つでもあるリスティング広告は、検索エンジンの検索結果に表示されるものです。
PPC広告もしくは検索連動型広告とも呼ばれるもので、リスティング広告にはどのような効果があるのかを把握しておく必要があります。
ちなみに、ネット広告にはディスプレイ広告と呼ぶものもあります。
ディスプレイ広告はGNNやYDNと呼ぶもので、自社商品を知らないユーザーに対して宣伝を行うものです。
多くのユーザーが目にする広告でもあり、興味や関心を持たないユーザーも多い事からも、商品の認知を目的としているのが特徴です。
これに対して、リスティング広告の場合は、ユーザーが既に商品やサービスに興味を抱いているのが特徴です。
その理由は、検索キーワードに関係している広告がリスティング広告だからです。
購入や申し込みをして貰うための広告で、リスティング広告をクリックした後は、詳しい情報が掲載してあるランディングページが表示されます。

ランディングページにnoindexを設定する利点について。
ランディングページ制作を行う時に、noindexを設定すると良いと言われています。
noindexとは、特定のURLを検索エンジンによりインデックスさせないために使う構文を意味しています。
メタタグの中にnoindexを記述する事で、こうした効果を得る事が出来るのですが、記述をすると効果測定を明確に行う事が出来るようになります。
仮に、記述をせずにランディングページをネットの中に配置すると、ユーザーが貼りつけたリンクを辿り、検索エンジンによりインデックスされてしまう事もあります。
このような状態になると、自然検索とも呼ぶオーガニック検索が可能になり、ランディングページがヒットしてしまう、リスティング広告の広告文が有効にならなくなります。

HPと執筆について。
ランディングページの執筆を行う時など、メタタグの中でnofollowもしくはnoindexを設定する事はオーガニック検索からのコンバージョンを抑制させる効果を持つため、必ず記述する事が大切です。
リスティング広告は興味を持つユーザーだけが目に入る広告であり、ここからランディングページへの着地が目的になります。
尚、オーガニック検索経由でアクセスした場合には、コンバージョンはコンバージョン率や出現率が高いキーワードなどの把握が出来なくなる、今後の施策に繋げる事が出来ないなどのデメリットがあるので設定は必須と言えましょう。