売上に結びつくランディングページを納品してもらうには

どんなに綺麗なデザインのランディングページを納品してもらったとしても、仕上がりが綺麗だという理由で商品やサービスの売上が伸びるとは限りません。基本的にウェブ制作会社は、綺麗な仕上がりのウェブページを制作するのが仕事になります。注文されたのが、ランディングページであっても対象となる商品やサービスの売上が伸びるかどうかは関係なく、制作して納品することが主な仕事となります。マーケティングのことまで考えて納品してくれるウェブ制作会社は、ごく一部ということになります。そのため依頼する方がしっかりとランディングページで売上を上げる知識や、マーケティングを身につけておくことが必要になりますし、これらのことを考慮した上で、長期的に取引を継続し互いにノウハウを積み上げていく関係を築けそうなウェブ制作会社を見つけることが大切になります。

まずは、目標をしっかり設定する必要があります。無料で登録できる会員の人数を増やすことが目標なのか、安い単価の商品やサービスを利用してもらいたいのか、高額な商品やサービスを利用してもらいたいのかを、はっきりさせないと効果的なランディングページの構成が全く違ってくるためです。無料で登録できる会員を増やすことが目標であれば、ランディングページを閲覧する人が最初に目にすることになるファーストビューの周辺に登録フォームを配置するのが適していますが、安いけれど有料の商品やサービスを販売したいときには、決済するボタンを冒頭に配置すると購買意欲が高まる前に離脱されてしまう可能性が高まってしまいます。10万円以上する高額な商品やサービスを販売したい場合は、長文のセールスコピーで、充分に商品やサービスの内容や、メリット、デメリットを説明して不安な気持ちを解消させることが必要になります。そのため、何が目標でランディングページの制作を依頼するのかをちゃんと決めておく必要があります。

売上向上に繋げることができるランディングページと一口に言っても、業種により内容は全然異なってきますし、取り扱う商品やサービスによっても違ってきますし、メーカーによっても個性が異なるため正解は1つではありません。そのため構成の概要は、制作を依頼する方から企画書といった形でウェブ製作会社に渡すことが必要になります。ウェブ製作会社に全部任せてしまうと、見た目が良くても、売上に結びつかないランディングページが制作され、納品されることがあります。