ランディングページ作成を依頼した場合の注意点と納品方法

ランディングページを作成するためには色々な業務をこなす必要が生じてきます。その業務のほとんどは、ランディングページの作成を依頼されたウェブ制作会社側の業務となりますが、ランディングページの作成を依頼した担当者も、ランディングページを作成するために必要なことを理解しておくことによって、効率的に作業が進められることになります。

自分の会社の商品や、サービスを売り込むためにウェブ制作会社に担当者が問い合わせをすると、まず最初に打ち合わせをする日時を決定することになります。打ち合わせでは、これから作成してもらうランディングページについてのヒアリングをすることになります。ヒアリングをするときに、ウェブ制作会社の方が尋ねる質問に的確に回答できるかどうかが不安であるという担当者の方は少なくありません。しかし、全てのウェブ制作会社が必ずしも打ち合わせでヒアリングをするとは限りません。ウェブ製作会社によってはヒアリングシートという書類に記入をするだけで大丈夫なこともあります。そして、ヒアリングのときに的確な回答ができない場合は、ヒアリングを受ける方の人選が問題な場合もあります。

なるべく自分の会社の商品やサービスに深く携わっていない事務作業を担当している人でなく、日頃から、商品やサービスを売り込んでいる営業担当者など、対象となる商品や、サービスの全体像を理解している人にヒアリングを受けてもらう必要があります。原稿を作成し終えた段階で、行われるデザインでデザイン案を手直しをしてもらいたいときはウェブ製作会社によって数回までは無料で手直ししてくれる場合と、その都度料金が発生する場合があるため前もって確認しておく必要があります。

ランディングページが完成したら、どんな納品方法で納品されるのかについても、前もって知っておきたいところです。仮に、データを預かるという形の納品方法のときは、その後にどうやって内容を確認すれば良いのかが分からない場合もあります。依頼したランディングページの一般的な納品方法は、依頼した担当者の会社のサーバーにアップロードするという方法になります。そのときには、ウェブ制作会社がサーバーにアップロードするためのFTP情報などを知らせる必要があるため前もって準備しておく必要があります。アップロードされたデータは、電子メールなどで担当者が個別で確認することも可能となっていることが多いため、自ら進んでチェックするのが良い方法の1つとなります。