ランディングページとnot providedについて

ランディングページは着陸ページです。
ランディングページ制作を行っている制作会社が多くあります。
ウェブページの事を意味しているなど、何となくは知っているけれど、具体的にウェブサイトとの違いはどこにあるのか知らない人も多いと言えましょう。
ランディングページはリスティング広告から誘導が行われるウェブページで、ページにアクセスすると、ページが縦長構造になっているのが特徴です。
スクロール移動をしながら、商品やエステの紹介記事を読み、商品の場合には買い物が出来る、エステの紹介記事の場合は予約が出来るようになっています。
化粧品や健康食品などを販売するお店の広告でもあり、自分に合うものを選べるのが特徴です。
リスティング広告は検索ユーザーのみが見る事が出来る広告で、検索するキーワードを含んでいます。
そのため、自分に合う商品やサービスが広告の中に掲載してあるので、自分に合うものを見つけ出せるわけです。

アクセス解析ツールの検索クエリについて。
ランディングページは一度設置すれば終わりではありません。
常にアクセス解析を行う事が訪問者数を伸ばす、そしてページ内で販売する商品やサービス利用者数を増やすコツにも繋がります。
アクセス解析ツールの検索クエリは自然検索キーワード、ナチュラル検索やオーガニック検索とも呼ぶクエリになっていますが、この検索クエリにnot providedの表示が行われる事が多くあります。
not providedはウェブサイトにアクセスして来たユーザーが利用した検索キーワードが、アクセス解析ツールで提供が行われなかった際に表示される値で、not providedが表示される理由は暗号化によるセキュリティ強化が行われているからです。

健康食品のHPと執筆代行について。
グーグルやYahooなどは暗号化によるセキュリティ強化が図れているため、not providedになるわけです。
しかし、検索キーワードがnot providedになってしまうと、ウェブページがどのようなキーワードでイメージされているのか分からないなど、調査やテストを行う時に不便です。
SEO対策やランディングページ制作を手掛ける会社にはノウハウがあるので、not providedの中身を知る方法を知っています。
尚、ランディングページはコンテンツを充実させる事やユーザーにとって有効な情報が掲載してある事が重要で、執筆代行は経験豊富なライターを持つ制作会社を選ぶのがお勧めです。