ランディングページの背景にはどんな色も活かす白が最適

ランディングページにとって背景はとても大切です。ランディングページとは、詳細な内容を記したページへの前置きです。ここでワンクッションおいて興味をそそるわけです。いかにうまく誘導するかが大事です。前置きなので細かい内容は必要とされていません。全体の概要をわかりやすく説明し、特に重要な部分を知ってもらうためのページです。

会社の宣伝や商品の説明をするにあたり、重要項目などは色分けをした方が目立ちます。これには背景が大きな役割を担っており、全体のバランスを考えながらカラーを当てはめていきます。多くの場合、背景が白です。どんな色も目立たせてくれるため、白にしておけば間違いはないと考えられます。全ての文字を黒で統一した場合は、ポイントになる箇所は赤や青といった具合に、重要な部分を見逃すことはありません。背景を黒とした場合との違いを考えてみます。文字色は、1番目立つと思われる白が候補になるでしょう。重要ポイントは、先と同じく赤や青とします。これは成功とは言えません。赤や青は、黒の中に入ると消えてしまう色だからです。目立つというよりは馴染んでしまいます。

悪いわけではありませんが、白以外の色が馴染んでしまうのであれぱ、黒の背景では読みにくいと考えられ、ランディングページの背景としては適さないだろうと考えます。黄色は黒と相性がいいので、必ず目立つページを作ってくれます。赤や青、緑なども際立たせてくれ、白同様に良い仕事をしてくれます。黄色と黒の組み合わせは真逆となるので、目立ちはしますが目がチカチカしてしまい疲れます。最後まで読んでもらえないとなれば、ランディングページの意味がありません。最終目標は細かい内容が記載されているホームページなので、興味がなくなってしまえばそこで終わりです。ページの改善を重ね、より良いものへと作り替える必要が出てきます。

ページを作成するには、ホームページの会社を頼るのも良い方法です。ページ作成を専門にしている会社で、どんな問題も解決してくれます。実績があることが多く、色使いで悩む時にも、豊富な知識で相談にのってくれます。寒色系の青は、早くその場を離れたくなると言われています。反対に暖色系の赤は居心地がよく、長く居たい場所になるそうです。このような知識も覚えておくと役立ちます。自分たちで制作する場合には、ある程度カラーの知識も頭に入れておきましょう。ランディングページが上手くいけば、多くの人がホームページを訪れてくれます。