春に特化したランディングページを制作するメリット

WEBビジネスに取り組んでいく上で、ホームページは欠かせない存在ですが、ここに掲載する内容は、企業の経営方針であったり商品カタログといったものですから、商品販売という観点からはあまり適した媒体ではないといえます。したがって、ホームページとは別に販売専用のWEBサイトを設ける必要があります。これをランディングページと呼び、多くの企業で採用しています。ランディングページは、基本的に1ページで完結するペラサイトであり、1商品につき1サイトが原則となります。つまり、複数の商品があれば、それぞれにWEBページを作成するイメージとなります。

ランディングページは、販売専用の1ページもののWEBサイトですが、単に商品が並んでいるだけのサイトだと、訪問者が途中で飽きてしまって、閉じられてしまうこともありますから、サイトの上部から下部にかけて、一定のストーリー制を持たせることが大切です。したがってその構成は、販売者の挨拶、問題点の提起、処置しない場合に考えられる結果、問題の解決策及び商品の説明、ランディングページから購入した場合の特典といった流れとなるのが一般的です。もちろん、ターゲットや商品の内容等によって、構成の一部を変更したり別のコンテンツを追加していきます。例えば、通販であれば口コミ情報を追加することで、訪問者はよりその商品を使用するイメージがわくでしょうし、動画や画像を埋め込むことで、さらにイメージしやすくなります。大切なのは、まずはその商品を知ってもらうことです。

ランディングページの良さは、構成がシンプルであることから、非常に作成しやすいところですが、そのため、季節ごとに内容や特典を変えていくと、収益に大きく影響する場合が多々あります。例えば、健康食品のHPの制作代行を依頼するのであれば、年間を通じて使用できるものよりも、春夏秋冬で変更することが望ましいことは言うまでもありません。例えば、春であれば入学や進学、転勤の季節ですから、これに該当する人にターゲットを絞り込み、来店した場合の粗品を用意したり、ランディングページを訪れた人だけの割引を提供することで、反応率を飛躍的にアップさせることが期待できます。このようにランディングページには、一定の構成を踏襲することで、ストーリー制を持たせることができますし、春夏秋冬や一定期間に実施するイベントなどに合わせて開設することで、集中的に売り上げを伸ばすことができます。