ランディングページのネタはどうすればいいのか

ランディングページのネタはどうすればいいのかと考えている人も多いかもしれません。ランディングページはそのサイトの顔のようなものですから、そのネタは慎重に考える必要があります。

ランディングページには多くの人が興味を持っているようなネタを持ってくるのが最適です。どういうものに世間が興味を持っているのかということは、今はネットで調べると簡単にわかります。そのようなことから探していくというのも一つの方法です。後は広告をどうするのかということも迷うところでしょう。

結果が出るHPと広告運用を考えると、広告は出来るだけランディングページには入らないようにするのも一つの考え方です。広告にもよりますが、ランディングページに広告が入るとそれだけ本題の欄が少なくなるので、視聴者にアピールするところが少なくなるわけです。広告がとてもいい感じでランディングページに入っている場合には気にされないこともありますが、出来るだけランディングページの広告は避けるようにするのが基本と考えてもいいでしょう。広告か入っているとそれだけで視聴者が去ってしまう可能性は高くなります。

とはいえ、ランディングページに広告があると、最も見られやすい広告ということにはなりますから、広告の結果が出やすいところにあるということにはなります。多くの広告利用者を獲得したいというのであれば、ここに配置するということは戦略的にはあるということもいえるでしょう。ページの大部分を広告が占めるようなことが無ければ気にされないこともあります。

ですから、視聴者が最初に診ることになるランディングのページは出来るだけ視聴者の興味を引きやすいシンプルなイラストや絵を使うのがいいでしょう。視聴者が気になるようなネタをイラストなどにしてわかりやすいサイトであることを印象付けるようにします。広告のようなものはあってもいいのですが、このメインとなるものを邪魔しないようにすることが大切です。広告に興味を持つ視聴者がいないわけではありませんが、多くの視聴者はまずページの印象で中に入っていくのかどうかを考えて、サイトを訪れるようになっています。ですから、興味のないような広告が目に入るとその瞬間に目的と違うサイトに来たと判断してしまうことになるからです。

サイトの目的が広告を利用してもらうことだとしても、サイトの段階ではサイトを信用してもらうことが最も大切ことになります。ですから、広告は出来るだけサイトを利用してもらって信用してもらうことが出来た段階で出していく、つまり、サイトの階層の奥にするのがいいと考えられます。